×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロマの注意点

精油の使い方に注意しよう

精油は必ず植物オイルで希釈してから使うようにしましょう。

 

精油は植物の有効成分を濃縮して作られたものなので、原則として原液では使いません。

 

濃ければ聞くと考えがちですが、希釈した1敵が顕著に効果を示すこともありますので、薄い方が効果がある場合も少なくありません。

 

例えば安眠に導くはずの真正ラベンダー油でさえも濃い濃度で長時間嗅いでいると神経刺激作用をもたらして不眠になる事が報告されています。

 

ケトン類、フェノール類、アルデヒド類を10%以上含んでいる精油は特に注意が必要で、必ず植物オイルで希釈してから使用しましょう。

 

例外的に真正ラベンダー油とティートリー油は直接塗布可能ですが、小さな火傷やニキビなど狭い範囲に限られます。

 

一般的には1〜3%がマッサージで使う際の適正希釈農奴です。

 

もちろんこれはおおよその目安で、精油の種類や使用方法で異なります。

 

粘膜への仕様や敏感肌の人、小児では精油が浸透しやすいこととエイジング器は代謝排泄が悪いことを念頭に置いて使用の際には薄めの濃度を心がける必要があります。